twitter @hoshinoiro_

宮沢賢治で好きな一節

生命科学の授業だった。

遅刻して前列ど真ん中で授業を受けていた。なぜか教授はスライドに宮沢賢治の詩をデカデカと映して朗読を始めた。

「わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です 」 という部分。

え、なんで詩?生命科学ならそれらしく細胞の模式図とか映すもんじゃない??と思った。

教授は続けて「熱力学の法則に逆らってほんの一瞬命を燃やすのが私たちだ。」というような事を言った。生命を理解するには世界の仕組みを理解する事が必要だ、とも。

ウソかっこい〜世界の仕組み理解して〜〜と思った。世界の仕組みを理解しようかな、終わり