twitter @hoshinoiro_

読書感想文

睡眠時間が足りてない・・・・・・・

寝ずにレポートを3つ書いた。ただ提出するだけでは浮かばれないのでここにも投げておこうかなと思う。読書感想文を書いたのは久しぶりだ。情緒的表現を交えることが出来るというのがなんだか新鮮だった。

読んだ本は、「ペコ _ロスの母に会いに行く」。認知症を患った母みつこさんと息子の話。

(_は検索除け。「君のレポートここのWikipediaと同じこと書いてるよね?」「そこのページは僕が編集したものです。」というネット小噺みたいなことになりかねない)

 

じゃ、始まるよ〜

 

 

 認知症、と聞くと私は叔母を思い出す。叔母は認知症だったわけではないが、脳卒中で倒れた後は、何に対してもあまり反応を示さないようになっていたため、認知症に近い状態であったと思う。小学生だった私にとって変わってしまった叔母の姿は衝撃的だった。これまで笑顔で迎えてくれていた叔母が、病室で横たわり、突然私を認識しなくなったことに対して強く混乱したことを覚えている。このような経緯で私にとって認知症とは、人柄を大きく変えてしまい、その人の記憶から自分がいなくなってしまうものであるというイメージに付随するものであった。

 「ペコ_ロスの母に会いに行く」は、認知症を患った母と息子の毎日を描いた作品である。正直、序盤ではつい数分前のことも忘れ、会話も成立しないみつえさんに嫌悪感を抱いてしまったのも事実だ。これは先ほど述べたように、私が認知症のことを恐れているからに他ならない。祖父母が、両親が、ひいては自分が、いつかこのように何も分からなくなってしまったらどうしようという不安な感情を持たずにはいられなかった。

 しかし、読み進めていく上で、みつえさんが「何も分かっていない」というのは間違っているのではないかと考えるようになった。確かにみつえさんは作中で、電話をしていたことをすぐに忘れ受話器をその辺に放置して息子に再三注意されたり、徘徊をしたり、側から見れば大人としての常識を失いつつあるかのように見える。私もそのような行動を取る認知症患者に直面したら、呆れたり、距離を置きたくなったりすると思う。だが、この本を読むと、みつえさんにはみつえさんの世界があり、みつえさんの行動はその中のルールにちゃんと則っているのだということが分かる。認知症患者に対しては、その点を理解し、尊重しなければならないのだと思う。一般的に言われることであるかもしれないが、自分の尺度で認知症患者を判断しおかしいと決めつけてはならない。そういった意味で、息子はみつえさんに対して声を荒げたり、忘れやすくなった彼女を頭ごなしに否定したりするのではなく、どこまでも優しく寄り添っていたように感じた。

 

 また「命がすれ違う」というページを読んだとき、私は認知症の新たな側面を知ったように思った。息子に車椅子を押され散歩をしているみつえさんが、ベビーカーに乗った赤ちゃんとすれ違う、何気ないシーンを切り取ったものだった。そこにはこう書かれていた。「散歩の途中… 命がふたつ並びすれ違う 人生の重荷を降ろした笑顔と人生の重荷をまだ知らない笑顔の 何とよく似たものか もうじき春である」。 赤ちゃんとみつえさんの屈託のない笑顔を見て、とても温かな気持ちになると同時に、認知症とは、人生の重荷を降ろした状態であるだけに過ぎず、私が思っていたような恐ろしい病ではないのかもしれないと感じた。

 この「重荷を下ろす」ということに関して印象的だったのが、時に暴力という形で、きつく当たられていたにも関わらず、何度も何度も嬉しそうに夫の幻想を見るみつえさんの姿だ。過去のつらい思い出が浄化され現在とゆるやかに混ざり合い、見えないはずの夫に心からの笑顔で「父ちゃん、おいしか酒ば用意して待っとりますけん。」と呼びかけるその様は、長年連れ添った夫婦の絆そのものだった。夫が感情的にちゃぶ台をひっくり返したり、みつえさんが顔に痣を作って息子たちを連れて実家に帰ったり、みつえさんが不憫に思われるシーンも多々あった。その上で、色々なことを忘れてしまってもなお最後に残るのは愛情なのだと思うと、みつえさんの優しさ、懐の深さに胸を打たれた。

 過去・現在の怒りや悲しみから解放されて、大切な人に対する根源的な愛情だけを抱えて和やかに笑っていられる毎日というのはとても美しいように思うし、人生の最後の締めくくりとしてこれ以上ないようにも思える。実際に自分の家族が認知症になったとき同じように思えるかは分からない。かつて叔母に対して感じた不安を完全に拭うことは難しいだろうし、やはり大切な人が私にまつわる記憶を無くしていくというのは耐え難いことである。それでも、その人はすっかり別人に変わってしまい「何も分からなくなった」わけではなく、これまで長いこと背負いこんできた重荷をただ下ろしただけなのだと捉えたい。悲嘆にくれるばかりでなく、その人の世界を受け入れて、みつえさんと息子のようににこやかに散歩に出かけられたらいいと思う。

 

 

終わりました。なんだかブログのようですね。皆さんの大切な人が認知症になったらどうでしょうか。ア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!眠すぎる、終わり。